CrossLoop

CrossLoop 2.74

面倒な設定は必要無し! インターネット経由でPCを遠隔操作

CrossLoopは離れた場所にあるPCに接続して、インターネット経由で遠隔操作できるようにするソフトウェアです。遠く離れたところに住んでいる家族や友人が使っているPCを直接操作してPCを設定してあげたり、ソフトウェアの操作方法を教えてあげることが可能です。ルーターやファイアウォールなどの設定を必要とせず、他の類似ソフトと比べて非常に使い易いことが強みです。家族や友人など周りの人からPCの設定を頼まれることが多いと言う人にとって、CrossLoopは強い味方と言えます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • 離れた場所にあるPCに接続して遠隔操作ができるようになる
  • ルーターやファイアウォールを設定することなく簡単に接続できる
  • 相手側PCにファイルを転送することができる

反対票

  • 接続している間は相手側PCの壁紙は表示されず、音声や動画も再生できない

とても良い
8

CrossLoopは離れた場所にあるPCに接続して、インターネット経由で遠隔操作できるようにするソフトウェアです。遠く離れたところに住んでいる家族や友人が使っているPCを直接操作してPCを設定してあげたり、ソフトウェアの操作方法を教えてあげることが可能です。ルーターやファイアウォールなどの設定を必要とせず、他の類似ソフトと比べて非常に使い易いことが強みです。家族や友人など周りの人からPCの設定を頼まれることが多いと言う人にとって、CrossLoopは強い味方と言えます。

CrossLoopを使うには、手元のPCの他に接続相手となるPCが必要です。2台のPCを接続するには、まず相手側PCでCrossLoopを起動してもらい、画面に表示された「アクセスコード」と呼ばれる12ケタの数字を電話やメールで教えてもらいます。次に手元のPCからCrossLoopを起動して、教えてもらったアクセスコードを入力します。2台のPCが接続されると手元のPC画面に相手側PCのデスクトップが表示され、マウスやキーボードで直接操作できるようになります。ネットワークの予備知識が無い人でも、これなら簡単に利用できるのではないでしょうか。

便利な点としては、2台のPCが接続された状態でファイルを転送できることが挙げられます。例えば、相手側PCで必要なファイルがある場合は、CrossLoopのメイン画面にあるフォルダーアイコンをクリックするだけで、簡単に相手側PCにファイルを送ることができます。

なお、2台のPCが接続されている間は相手側PCの壁紙が表示されません。壁紙が急に表示されなくなってトラブルが起こったように見えますが、CrossLoopによる画面表示が遅くならないようにこのような措置が取られています。同じ理由で音声や動画を再生しても画面に表示されませんので、留意しておきましょう。

CrossLoopは離れた場所にあるPCに接続して遠隔操作できるようにするソフトウェアです。

CrossLoop

ダウンロード

CrossLoop 2.74